Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
相続放棄での勘違い
0
    相続放棄での相談で恥ずかしい思いをしました。

    ある先生と雑談の中で相続放棄と代襲相続の話になり、親子で放棄しないといけないよねということで意見が一致しました。
    そこでそういえば、相続放棄の相談で思い当たる件があり、相談者に確認したら、親だけでこの分はやっていないとのこと。

    お子さんの分も手続きしたほうがいいですよと言ったところ、返答がありました。ネットで調べてみたら、うちの件に当たるような例が出ていて子供は関係ないと出ていますが、、、と言われて大慌てしました。

    即民法で確認しましたら(相談者に話す前に確認しろって、、、)、代襲相続は、相続開始前の子の死亡、廃除、891条の該当者の場合に適用されるものでした。
    つまり、相続放棄したら代襲相続にはならないのでした。

    かの先生も裁判所に提出する際には、ほかの相続人は放棄しないのか確認があると思うのですが、と仰っていましたが、相談者に確認したところそういう指導助言はありませんでしたという話でした。

    思わぬ赤恥でしたが、相談者には実質の損害が発生したわけではないので、幸いでした。これがやるべきことをやっていなくて迷惑損害が発生したことを考えれば、恐ろしいことです。
    気を引き締めて反省すべき一件でした。
    posted by: クレヨン | 行政書士業務 | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.yamazaki-office.com/trackback/1060171
    トラックバック