Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アルゼンチン戦
0
    これまたビックサプライズです。
    あのアルゼンチンを相手に1−0で勝ちました。

    前半0−0で後半勝負かなと思っていましたら、なんとその前半20分頃に長谷川が打った遠めのシュートに岡崎が鋭く反応してゴールしました。
    もっと近くには森本もいたのですが、早いもん勝ちでした。
    長谷川の枠内ゴールもきれいだったのですが、FWがゴールエリアに詰めていて、キーパーがはじいた後のフォローがきちんとできたところに最近の成長を感じました。

    ボール自体はほとんどアルゼンチンボールだったのではないでしょうか。
    かなりの時間帯において日本エリア内で試合をしていた感があります。
    たまにボールを取っても、すぐに奪い返されてしまっていました。
    でもこれは、今までになく縦パスを使っていた結果でしょう。
    中盤のパス回しとかバックパスなんてのが以前より少なくなってきているのは、見ている側としては面白いと感じました。イラつきませんしね。
    攻撃しなければ点にならないのも確かですから、いい傾向と思います。

    シュートも結構思い切り打っていましたが、精度が相変わらずよくないですが、落ち着いて打っているのは以前に比べていいと思います。
    新しいFWもでてきているようですから、これからが楽しみになりました。

    あと目立ったのは、アルゼンチンのメッシです。今回の遠征に不参加の可能性もあったようですが、やはりなんとも一級品ですね。一歩間違えば点に結びついたシーンがいくつかありました。アルゼンチンの攻撃にはいつも10番が目に入りましたし、あの球さばきはすごいなと素人ながら感じました。

    日本なら長友です。守備力といい、長躯相手陣内まで駆け上るスタミナには見ていて驚嘆しました。スタミナもさることながら、あの小柄の体でぶつかられても負けていないし、攻撃力も持ち合わせています。
    その他では本田、長谷川、香川は、なんかやってくれそうな期待がもてました。

    残念だったのは前田かな。日本陣内でパスを受けて一気にドリブルで相手陣内に持ち込み、相手のディフェンスを抜きさりキーパーと一対一になりながらセービングされてしまったことです。これは相手をほめるべきなのかな。
    フィールドのど真ん中を駆け抜けるなんて、めったに見ない光景なので思わず手に汗を握り興奮してしまいました。

    アルゼンチンは本気じゃないよなんて声も聞こえますが、そうでもないでしょ、その証拠に何枚かイエローカードをもらっていましたから。日本はあったかな、、、、
    試合場は超満員のようでしたが、ホームですから当然その点は有利でした。
    もしアウェイであれくらいの試合ができれば、上々ですね。
    これで次の試合がさらに楽しみになってきました。
    ガンバレ、ニッポン。
    posted by: クレヨン | ニュース | 00:06 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    平成四年まで、サッカー自体がメジャースポーツではなかったように思います…昭和は圧倒的に野球が人気でしたね。
    父親が千葉県出身で、ミスターとほぼ同世代。その影響で私も巨人贔屓でした…江川問題までは(笑)

    いまはスイスよろしく中立です
    | 百円競馬道 | 2010/10/14 1:13 AM |
    百円競馬道さん

    御多聞にもれず私もプロ観戦は野球でした。でもジャイアンツファンというよりはミスターのファンでした。
    巨人が負けてもミスターがヒットを打ちさえすれば満足でした。
    今は、誰がやっているのやらよく知りません。ダルビッシュぐらいでしょうかね。
    | クレヨン | 2010/10/14 11:46 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.yamazaki-office.com/trackback/1159033
    トラックバック