Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アルツハイマー
0
     うつ病などの治療のため脳に電流を流す電気けいれん療法で、アルツハイマー病を引き起こすたんぱく質の働きを抑制できることを、金沢医科大学の加藤伸郎教授らの研究チームがマウスの実験で突き止めた。

     3日付の米科学誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」で発表する。

     アルツハイマー病の患者は、神経細胞の機能を低下させるたんぱく質「アミロイドβ」(Aβ)の濃度が脳内で高まっている。加藤教授らは、マウスの脳内の情報伝達を担う電気信号を観察。Aβを過剰に作り出すアルツハイマー病のマウスでは、正常なマウスに比べ、信号の継続時間が約1・5倍の長さになっていることを発見した。

     信号を送る時間が長いと、脳内に送られるカルシウム量が過剰になって神経細胞に悪影響を与え、それがアルツハイマー病の一因になるとされる。Aβの増加で信号の継続時間が長くなっているマウスの脳に、電気けいれん療法と同様の電流を流すと、信号の時間が正常な長さに戻った。
    (読売新聞)

    アルツハイマーの治療法ができたのかと思いきや、よく読むと予防の話しのようです。やはり、今の医学ではまだ認知症を治せるというレベルではなさそうです。
    身近の人がこの病気にかかっており、アリセプトを飲むことでその進行を遅らせています。そうした対症療法しかまだ見つかっていないようです。
    なので、このようなニュースを見ると、ついいい方に考えがちになって期待してみてしまいます。

    癌と同じで昔から存在していた病気なのだとは思いますが、注目を浴びてきたのはそれほどの昔ではない気がします。認知症に関しては有吉佐和子の恍惚の人が有名ですが、それ以前は赤ちゃん返りとか言われ、大家族制のおかげで表面に出てこなかっただけでしょう。

    最近の核家族が増えることにより、家族だけでは背負うことができなくなり、社会問題化してきたと思います。実際、その実態を目の当たりにしてみると、いろいろな問題にぶち当たります。
    平均寿命が延びたせいもあり、これからも増加することはあっても減少することはないと思います。

    自分だけは病気にかかからないぞと思いたいところですが、つい最近まで入院していたことを思うと根拠なし思い込みです。かといって、病気ばかりはどうにもなりません。
    ましてや、認知症は本人は病気を認知できませんから、なおやっかいなのです。

    それを思うと痛みさえなければ、癌でころっと逝ければ一番いいかなと思い始めてます。
    posted by: クレヨン | ニュース | 22:07 | comments(2) | trackbacks(2) | - | - |
    そうなんです・・・・癌でコロッと、はかなり幸せな逝きかただと実感します。

    ときに、いまさらですが「提携行政書士事務所」にリンクしておきました^^
    ご確認くださいませw
    http://okei-office.com/links
    | Okei | 2011/08/05 12:32 AM |
    提携リンク確認しました。ありがとうございます。精進を心がけます。
    子供たちには迷惑をかけたくないなというのも本心だし、できるなら自宅でころっと逝きたいというのも本心です。
    | クレヨン | 2011/08/05 12:49 AM |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.yamazaki-office.com/trackback/1170506
    トラックバック
    2011/08/20 7:55 AM
    今から30分後には心も体もかるくなり、重いうつでも2ヶ月以内に改善できます。
    2ヶ月間 うつ病克服プログラム
    2011/09/08 10:39 PM
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    -