Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
W杯予選北朝鮮戦
0
     サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア3次予選が2日に開幕し、C組の日本はさいたま市の埼玉スタジアムで北朝鮮と対戦。後半ロスタイムにDF吉田がゴールを決めて1―0で勝った。
     アジア・カップ覇者で5大会連続のW杯出場を目指す日本は3次予選から登場。この日は左膝の負傷で離脱した本田に代わってトップ下に柏木を起用。柏木の代表戦の出場は今回同様、本田が故障で欠場した1月のアジア・カップのサウジアラビア戦以来。1トップに李、左に香川、右に岡崎を配する布陣。序盤からボールを支配した日本は、時折激しい雨が降る悪コンディションの中、右サイドを中心に圧倒的に攻め込みながらも前半はゴールを奪うことができなかった。
     日本代表のザッケローニ監督は後半15分、柏木に代えて清武を投入。さらに24分には本田の離脱で追加招集したハーフナーを李に代えて入れた。それでも、なかなか得点できなかった日本だが、怒とうの攻撃を見せたロスタイム、ショートコーナーから清武が上げたクロスに吉田が頭で合わせ、ようやく先制。ホームで劇的な勝利を収め、勝ち点3を手に入れた。
    (スポニチ)

     いやぁ、こんなに苦しい試合になるとは思いませんでした。意外に粘っこかったですね。本田、長友、憲剛らが抜けているし、守備的に引いてくるから苦戦するかなとは思いましたが予想以上でした。トップ下の柏木がいまいちでしたし、香川ももうちょいでした。

     ボール自体はほぼ支配していたので、カウンターを食らわなければ負けることはないと思って見ていましたが、なにしろ点が入りそうで入らない。がっつり守られてしまい、初のシュートが20分過ぎとは、、、

     今回は久しぶりに初めから最後まで家族全員で観戦応援しました。
    優勢に試合を進めているのですが、ペナルティエリアには
    「白いユニフォームがいっぱいじゃん」
    「そうだな、ほぼ全員で守っているみたいだね」
    という状況ですから、なかなかゴールをこじ開けることができません。
    ゴールバー直撃とかあと30センチ内側ならとかいう惜しいシュートもありましたが、相手のGKが結構ファインセーブして頑張ってました。前半にシュートを防いだ際、負傷したようでしたが。

     スコアレスドローかなと思われた後半のロスタイムに劇的な吉田のヘディングシュート。直前に引っ込んだチョンテセの顔が印象的でした。最後の最後で吉田が決めるのは、前にも見たことあるような場面です。でも例によって誰がゴールしたのかよくわかりませんでしたが、家族はわかっていて
    「あれはマヤだよ」
    と言われてわかった次第です。

     アジア杯優勝やなでしこのW杯優勝の盛り上がりがありますから、この程度の相手に負けるのは許されないような雰囲気です。熱しやすく冷めやすいところのある国民ですから、予選に勝ち抜けないようだとせっかく盛り上がってきたサッカー熱が一気に冷めかねません。そういう意味でもいい出足です。次はなでしこの番ですが、日程が詰まっていて選手は大変だと思います。けがをしないように勝ち抜いていってほしいものです。
    posted by: クレヨン | ニュース | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.yamazaki-office.com/trackback/1170515
    トラックバック