Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
W杯タジキスタン戦
0
     サッカーW杯タジキスタン戦を堪能しました。
    国際試合で8−0などという大差で勝つとは見たことありません。

    まるで日本のゴールショーを見ているようでした。
    前半早々10分過ぎに期待のハーフナーがヘッドでのゴールを決め、続いて岡崎が右サイドから叩き込む。この20分間で試合は決まりましたね。ハーフナーの高さはやはりすごい武器ですね。吉田も似たような高さがあるし、セットプレーでもうまくかみ合えば面白いかもです。
    試合の興味はあとどれだけ点が取れるのかだけでした。

    前半のボール支配率が70%弱と出てましたが、8割以上支配していた感じでした。取られてもすぐとり返していたし、危なげは皆無。
    さらに続いたのが駒野と香川でした。ここのところ元気のない香川にゴールが生まれたのは喜ばしいことです。しかも足先でチョンとうまく当ててゴールですからおいしいところでしょう。

    これだけやられてもタジキスタンは攻撃する気持ちがないようでした。
    一緒に観戦していた家族もこれで国際レベルなのと酷評していました。

    後半もハーフナーのヘッドから始まり、中村、岡崎、香川とゴールラッシュ。
    点をとるべきものが点を挙げましたが、ハーフナーと交代した李が点を取れなかったのが気になるところです。もう少しと言う場面もあったので、少し違えばゴールできたものとは思います。

    しかし今日は遠藤、長友、長谷部があまり目立ちませんでした。
    点取り屋があれだけ派手に動いたせいでしょうか。
    14番の中村はよく見えました。本田の代わりで十分機能していたと思います。
    後かわいそうなくらいボールに触れなかったのがGKの川島です。
    ホント、今日は出場しなくてもよかったのではないのというくらい仕事がなかったですね。
    ひと汗もかかずゲーム終了して突っ立ってただけでは寒かったのではないでしょうか。

    3次予選で負けていたのでは話にならないので、このくらいは当然なのでしょうが、もう少し歯ごたえのある相手の時にどうなるか楽しみになってきました。
    posted by: クレヨン | ニュース | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.yamazaki-office.com/trackback/1170524
    トラックバック