Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
サントスとバルセロナ
0
     昨日今日とクラブW杯を観戦しました。

    柏レイソルとサントス戦、バルセロナとアルサッド戦でした。
    柏レイソルはいい戦いをしたと思います。前半で2点を先制され、後半酒井のヘッドシュートで1点を返しましたが、追加点を入れられ万事休す。3点とも綺麗なシュートでしたね。

    かなり攻撃的な戦いを見せてくれ、後半ではかなり攻め込みあわやという場面が結構ありました。でも得点にならないところが、サントスとの差になるのでしょう。しかもかなりの差です。

    個人技でも目立ったのは、右のDF酒井と10番と15番の二人のブラジル人だけかな。
    左サイドはあまり機能していなかったように思えます。長友がいればなぁ。あと香川と本田タイプもいればもっと面白かったと思います。日本代表が一人もいないのは寂しいですね。

    今日のバルサ戦は圧倒的な差でした。アルサッドは最初から守備的なサッカーで点をとるという気迫が感じられず、シュートもほとんどなかったのではないでしょうか。
    しかも、チョンボから点をとられるという最悪のスタートでした。

    バルサはネズミをいたぶる猫のようなもんでした。いつでも点を入れてやるよと言うように、シュートしそうな位置でもパスに徹しじっくりサッカーを楽しんでいる余裕すら伺えました。

    やはりメッシはさすがの存在感がありました。得点こそありませんでしたが、アシストのボールもよかったし、オーバーヘッドシュートも決まりませんでしたが魅せてくれました。
    ロングボールを放り込んでの得点というサッカーではなく、パスワークによるサッカーをしているということは私にもわかりました。日本代表と同じようなサッカーかな。個々の力は別として。

    これで予想通り?バルセロナとサントスの決勝戦となりました。
    メッシとネイマールの攻防、楽しみです。
    柏とアルサッドの3位決定戦も面白そうです。惨敗したアルサッドも次は意地でもあんなサッカーはしてこないでしょうから。
    posted by: クレヨン | ニュース | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.yamazaki-office.com/trackback/1170532
    トラックバック