Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
行政書士試験
0
    本日は行政書士試験でした。
    受験生の方お疲れ様でした。

    私も監督員として参加してまいりましたが、やはり気を使いますので変につかれています。

    私も合格するまでは何度もトライしましたが、一般教養という壁が厚く高かったですね。
    今年の試験問題はどのようなものかまだ確認していませんが、同じ監督員の先生の感想だと”難しいね、年々難度がアップしているようだ”と仰っておられました。

    私自身の大学受験をはじめとしていろいろな受験経験から、やったね大丈夫だと思って予想点の8割、五分五分かなと思ったらまず不合格でした。

    行政書士試験の場合は、記述式という採点基準がはっきりしない問題がありますので(本当ははっきりしてるんでしょうが、よくわかりませんでした)、自己採点すらしませんでした。ビビり屋の小心者ということもあるのですが、合格点に達している感触がなかったせいもあります。
    法令が悪かった割には、一般教養が意外によかったせいでした。
    という自分的には大逆転という結果でした。。。

    自己採点をされた方は、いつもでしたら予備校の解答は何問かわかれます。
    今回はどんなんでしょうか。。。
    正答は試験センターが発表するまでわかりませんので、自己採点して1問2問不足かなと思っても、今の時点では合否がわからないことが多かったです。
    しばらくは一年の垢を落とすつもりでのんびりするのもいいと思います。
    でも、何が何でも取るよという方は、再スタートは早いに越したことがないのも事実です。
    どのように行動するかはそれこそ自分の責任です。
    あきらめたらそこで終わりって誰かが言ってましたね。
    よい春が来ることを祈ってます。
    posted by: クレヨン | 行政書士業務 | 23:20 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    試験監督員
    0
      本日は書士会で試験監督員の説明を聞いてきました。
      勿論来月に行われる行政書士試験の監督員についてです。
      受験する方は去年より増えているそうです。
      全国で8万人を超えたようですね。

      去年と変わったことといえば、今猛威をふるっているインフルエンザ対策です。これに時間をかけて説明を受けましたが、要するに周りの受験生に迷惑がかかる事態が予想されるなら、監督員の判断で別室での受験を要請するとのことです。別室に移動してもらうにあたり、そのロスタイムをきちんと計測して引き継ぎを書面で行うとか、細かい注意事項がありました。

      学級閉鎖になったとかという話は漏れ聞こえてきましたが、身近にはインフルエンザにかかった者がいないこともあって、今ひとつピンとこないものがありました。
      受験生の皆様もそうですが、この時期に病気にかかってアウトでは泣くに泣けませんしシャレになりません。
      再度、体調管理には気をつけたいと思う次第です。

      といいながら、数日後には書士仲間と飲む約束をしているのは、言動不一致に近いかも、、、さっと切り上げるつもりではありますが。。
      今日も今日とて、久しぶりに会う先生も結構いましたが、誘い誘われもせずおとなしく帰宅の途につきました。

      受験生の方がもし読んでいらっしゃれば、受験まで体調を崩さないよう気をつけてください。それに忘れものと遅刻だけはしないように、最初から動揺する原因を自分で作らないようにお願いします。鉛筆忘れる人がいますから。

      後は頑張ってきた自分を信じて臨み、最後まで全力を出し切ることです。
      努力してきた方が結果を出されることを祈ります。ではガンバです。
      posted by: クレヨン | 行政書士業務 | 23:32 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
      案ずるより産むがやすし
      0
        案ずるより産むがやすしという語句通りの経験をしました。

        学校の先輩からの依頼を受けての風俗申請でした。
        結構広めのお店で、ダンスができるのではという微妙なステージもあり、あーだこーだしながら申請書類を作成しました。

        全部揃ったところで、警察にアポを取りましたが、そこでちょっと気になることを言われました。
        詳しいことは書けませんが、要するに規制が厳しめになってきたいるなと思わせる内容でした。

        今まで、東京都では賃貸契約書の類は提出不要ですが、見せる必要があるかもということで急遽手配しました。その他にも準備する書類があったので、
        パニック状態に陥りました。
        ですから申請日は緊張ものでした。

        しかし、当日は準備した書類等を見せることもなく、申請者への質問だけですんなりいきまして、かえって拍子抜けしました。
        ま、余計な書類は使わないに越したことはないのですがねぇ。

        でもそのあおりを受けまして、同期の先生には迷惑をかけてしまいました。
        その緊急事態時には勉強会がありまして、裏方を頼まれていたのですがドタキャンというやってはいけないことをしてしまいました。
        あの折の主催者の先生方、出席された先生方申し訳ございませんでした。
        平にご容赦を、、、、、
        posted by: クレヨン | 行政書士業務 | 09:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        定款認証
        0
          たまには仕事上のことでも書いてみます。
          このところオンラインシステムによる定款認証の依頼を受けました。

          公証役場で、やり方がいろいろ違うのですね。
          ちょっとびっくりしたのが、印鑑です。
          委任状の押印は普通、三文判でOKなのですがね、ちと違ってました。
          定款認証のみの委任状を作成するのですが、そこに押印する印鑑がこのたびは職印だったり、私の実印だったりしました。

          実印の場合はもちろん印鑑証明添付です。
          職印の場合は職印証明書なるものを要求されたようですが、今度の場合はワードで作成した委任状に電子署名したものを提出しました。
          紙で出したら意味ないですが、FDに入れましたので、電子署名に証明が添付されています。それで何とか通りました。

          認証処理も、電送したらすぐ処理していただけたり、取得者が公証役場まで足を運ばないと確認処理してくれなかったりとありました。
          いやいや細かいことを言えば、ほんといろいろです。
          これは東京都と埼玉県の話ですが、地方行くとまた違うのでしょうねぇ。

          posted by: クレヨン | 行政書士業務 | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          相続研修
          0
            先週の日曜日は相続の研修に参加していました。
            5時間もかけてやるもので、どんなもんかなと思った次第です。

            論点が多すぎてぼやけたような気がしないでもありません、何回かに分けていただいた方がよかったのではないかなと思います。

            長年裁判官をやられ、公証人の経験もあるということで、その裏話の方が面白かったですね。私としてはそのような実務の話の方が聞きたいところです。

            例えば、相続放棄についてはできるだけ受ける方向で考えているそうです。というのは、街金などが相続開始から3カ月を過ぎた頃を見計らって取り立てに来るという例が散見されるので、マイナス財産があることを知ってから3カ月という風に解釈しているそうです。

            公証人の立場でいえば、なぜもっと早く連れてこないのという例が多いそうです。こちらの話すことがわからなければ論外ですが、今いちはっきりしないこともよくある話だそうですが、とりあえず作成する方向らしいです。

            公証人のところで作成できませんとストップしてしまえばそれきりですが、作成してあればまだ完全確定ではない(裁判でひっくりかえせることもある)からだそうですが、ここのところはなんだかなとは思いました。
            精神科医ではないので、認知症かどうかの判断が正確にはできないからということらしいです。
            公正証書を作成してももめることがあるのはこのせいですね。
            だからきちんと判断ができる状態のときに、公証役場に来てほしいということですね。

            笑い話として、婚外子を認知したら一度転籍してまた元に戻せばいいなんて仰っていました。まぁ確かに、戸籍をさかのぼるなんてことは普通しませんから、このようにすれば婚外子がいるなんてことはわかりませんね。

            遺留分の放棄については、遺留分の放棄を申請した上で遺言書に一切相続させないと書かないとだめだそうです。この根拠を知りたかったのですが、時間切れで確認できませんでした。どうなんでしょうかねぇ、、、調べっか。

            その他の講義については復習という感じでしたね。
            たまにこういう言葉のシャワーを浴びることは必要かなと感じました。
            忘れていることを改めて思い出すことも多いですから。
            posted by: クレヨン | 行政書士業務 | 10:10 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            新業務
            0
              昨日の電話の中には、今まで手掛けたことのない案件がありました。
              交通事故から派生した問題内容でしたが、どうも苦手な分野です。

              ですので、お客様にはその旨伝え、ほかの先生を紹介しますがと言ったところお願いしますという回答でしたので、とりあえず同期の先生に確認したところ、手がけている方はおりませんでした。

              しかし、相談した先生のうち、得意な先生を知っているから紹介するよということでしたので、ありがたく乗っかりました。
              また、その先生も気持ち良く引き受けてくださったので私としてはOKでした。お客様にとっても良かったことと思います。

              基本的には仕事は拒まない方針ですが、やはりやりたくないなということもあります。お客様に迷惑かけそうな案件でしたらなおさらです。
              来るもの拒まずといいながら、少しずつ方向性が決まって行きそうです。
              posted by: クレヨン | 行政書士業務 | 08:50 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              0
                現在、ある営業許可申請が進行中なのですが、根本的なところで壁に当たっています。
                どうすればいいのか先が見えていませんので、落ち込んでいるところです。
                ですのでしばらくブログも停滞しそうです。
                明るくなりましたら再開します。。。。
                posted by: クレヨン | 行政書士業務 | 14:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                司法書士の先生
                0
                  今日は法務局へ行ったり、司法書士の先生の事務所にお邪魔したりしていました。

                  最近、面識を得てお邪魔させていただいておりましたが、本日は会社解散登記のお願いにあがりました。
                  お客さんをお連れしての相談でしたが、お客様にも無事納得していただき、先生への依頼となりました。

                  士業のネットワーク作りも少しずつ出来てきています。
                  さすがにまだ弁護士へ繋いだことはありませんが、忘れられないよう連絡は取っておかないといけませんね。
                  そーそー年賀状のリストにも載せておかないと、、、、
                  posted by: クレヨン | 行政書士業務 | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  成年後見研修
                  0
                    15回にわたっていた成年後見の研修が終了しました。
                    昨日はその効果測定ということで、テストを受けてきました。

                    どんなテストなのかと思い、半分開き直っていましたが、行政書士試験の民法を易しくしたようなものでした。
                    しかも穴埋め問題もあったりしました。

                    結構本格的な試験で、問題用紙の持ち帰り、遅刻は不可であり、退出も時間制限ありというものでした。
                    結果はうーんです。
                    6割ぐらいと思われる基準点は越えたかなと思いますが、配点の具合でどう転ぶかわかりません。

                    ということで、同期の先生方と残念会を開いてきました。
                    K先生、T先生、K先生と途中参加のA先生、楽しかったです。
                    ありがとうございました。
                    カラオケまでやってしまいましたから、、、、
                    今年は忘年会が無理っぽいから、また桜の咲く頃にでも集まりたいですね。
                    posted by: クレヨン | 行政書士業務 | 08:42 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    必要書類の取得
                    0
                      昨日は業務に必要な書類を取得するために、区役所、法務局等を訪問しました。

                      今回の必要書類は、住民票・身分証明書・登記されていないことの証明書の3種類です。
                      住民票は職務上請求書でも取得できますが、他の書類が委任状が必要なので、住民票も委任状で取得しました。

                      住民票は区役所、身分証明書は本籍地の区役所、登記されていないことの証明書は特定の法務局で取得します。
                      東京都の場合は上記の通りなのですが、他の県もそうだと思っていましたが、神奈川県は違いました。少なくても今回扱った横浜市と川崎市は違います。

                      たまたま、横浜市で土地勘のない区役所でしたので、横浜在住の同期のK先生に区役所の場所を聞いてみました。
                      「なんでそんなところに行くの?」という問いかけに理由を話すと教えてくれたのです。

                      横浜市では、横浜市の区に住民票が登録してあれば、ほかの区でも取得でき、身分証明も本籍地が横浜市の区にあれば、どこの区でも取得できます。
                      川崎市も同じ対応でした。

                      東京都も同じ対応をしてくれるのかと思い、区役所に確認の電話を入れたところ、断られました。
                      理由がよくわかりませんが、東京都の方が杓子定規の感が否めません。
                      オンラインでつながっているから、出すつもりなら出せないわけはないと思うのですが、個人情報ですからってわけわからんことを言われました。
                      本人確認も免許証見せるだけではなくコピーを取られました。
                      神奈川県では免許証確認で済んでいましたのに。

                      登記されていないことの証明書は、東京都は九段下の東京法務局、神奈川県は横浜の第二合同庁舎でしか発行してくれません。
                      どちらも微妙に遠いのですね、乗り換えがあったり面倒くさい。
                      郵便でも請求できますが、時間がかかるのが難点です。
                      近場の法務局で発行して欲しいものです。

                      登記されていないことの証明書は、申請書に記入されたとおりに証明書が作成されます。手書きで申請すれば自分の字が証明書に載ってきます。
                      それが嫌でしたが、PDFに書き込みできるソフトを教えてくれたのも、横浜在住の同期のK先生でした。大いなる感謝の辞を捧げます。
                      posted by: クレヨン | 行政書士業務 | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |