Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
中秋の名月
0
     明日は中秋の名月ですね。すっかり秋めいてきて、アスファルトジャングルの我家でも夜の帰宅時には虫の鳴き声が聞こえます。いったいどこの草むらで鳴いているのやらと、近づいてみるとピタッと鳴きやむからおかしいのですが、そこにあるのは植木鉢だけ。まぁかなりの数がありますからそのどこかにいるようです。変な所にいるもんだと思いながら、その生命力にも感心。

    中秋の名月と言えば、お月見、団子がつきものでしょうが、我家ではそんな風流な風習はありません。ベランダからお、今日の月は丸いなで終わりそうです。金環食の時は騒ぎましたがねぇ。

    秋の名物の台風が迫っているようです。10月の頭には本土上陸する勢いだとか。
    これまた首をすくめてやり過ごすしか方法がないのがなんともやりきれません。
    大きな被害が出ないといいのですが。。
    posted by: クレヨン | 身辺雑記 | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    図書館
    0
       以前から専門書を手軽に読むために図書館を利用していましたが、最近予約をすることを覚えました。友人が単行本などは図書館で予約して読んでいるということだったので真似してみたわけです。

      新刊本などは最寄りの図書館に足を運んだ時に、置いてある新刊本から興味のあるものを借りていました。それでも、普段なら借りないなと思う分野のも借りましたからそれはそれで利用価値がありました。

      近場の図書館で予約してみると12冊が限界なのですぐオーバーフロー。
      また人気本ばかりでしたので、下手すると読めるのは半年ぐらい先かなと思うほどの順番です。
      当然ながら借りないと次の予約ができません。読みたいのはまだあるんだけどなぁ。。。

      ということで足の便の良い品川区はどうかなと思い、HPで検索してみました。
      図書カードを作るのに品川住民とか勤務先がなくてもOKとのこと。
      もう即作成し、オンラインで予約できるようにしたのは言うまでもないことです。

      ここ品川区の図書館は20冊まで予約が可能ですが、大田区より図書館の数が少ないようでその分蔵書数も、もの足りません。そのため順番が半端じゃない、それこそ1年先かも。

      ちなみに予約したのは、池井戸潤、宮部みゆき、松岡圭祐、阿川佐和子、三浦しをん、有川浩、今野敏、東川篤哉、東野圭吾、冲方丁といった面々です。
      予約のおかげでいつごろ読めるかなぁなんて変な興味もわいてきましたよ。。。
      posted by: クレヨン | 身辺雑記 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      大江戸温泉
      0
         先日時間がありましたので、お台場の大江戸温泉に行ってきました。
        入場するとすぐ浴衣が借りられるのですが、その屋号が越後屋としており入口から江戸情緒を醸し出してます。更衣室から湯殿の間に江戸風味の店舗があるのですが、土産物屋風ばかりで華麗にスルーです。

        2時過ぎに入りましたので、さすがに腹が減っており風呂の前に食事です。
        各店舗、蕎麦、うどん、ラーメンの麺類から丼物まではありました。パスタとかステーキ類はなかったような気がします。洋風は外しているのかもです。値段はラーメンで700円ぐらいでしたから普通かな。天丼&小そばを食しましたが、その場で天ぷらを揚げていたせいもあり味はまずまずでした。

        湯屋の暖簾をくぐると、蛇口兼シャワー&鏡台が40個ぐらいあり、湯船は大小5か所ありました。
        その他にもサウナ、冷水、ジャグジーと露天風呂があり、結構楽しめます。外には足湯もありました。

        江戸というネーミングにひかれ、どんなとこかと興味を持ち行ってみたものですが、入場者は若いカップルと外国人が多かったのは、同じ気持ちからかと思いましたね。温泉好きの外国人が結構いるということを改めて認識しましたし、入湯マナーを知っているようです。少なくてもタオルを湯の中に入れている者はいませんでした。

        一応すべて浸かってきましたが、ジャグジーが一番気持ちよかったですね。
        また行くかなぁ。今度は浦安にもあるようなのでそちらにするかな。


        posted by: クレヨン | 身辺雑記 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        お彼岸
        0
           今週からお彼岸の入りでしたので、菩提寺と母の実家の墓参に行きました。ついで参りはよくないとのことを聞きましたので、そういった習慣にはできるだけ付き合うことにしていますので、2日にわたっての墓参です。

          そうしましたら、祖母の弟の息子、と言ってももう80歳近いのですが、亡くなったとの知らせを聞き通夜の用意をしていましたら、前職時代の先輩から電話があり、後輩が亡くなったとの連絡を受けました。続くときは続くもんですね。なにやら抹香臭くなってます。

          親戚は新横浜、後輩は宇都宮で執り行われました。連チャンではお通夜だけで失礼させてもらいました。久しぶりの宇都宮でしたが、東口は様変わりしています。パチンコ屋と街金しかなかったような気がしましたけど、結構な繁華街になっているようでした。

          両方の坊さんとも30分ぐらいの読経と珍しく法話を聞きました。
          片方の坊さんは小声で滑舌もあまりよくなくほとんど聞き取れませんでしたが、もう片方の坊さんにはいい話を聞けました。

          曰く、「死に方には死にっぱなしとそうでない死に方があります。亡くなったらそれっきりというのとその後も続きがあるとの違いです。砂時計を思い出してください。砂時計をひっくり返して砂が落ち始めますね。人生の始まりで、落ち切ったところで死を迎えます。死にっぱなしの方はそれですべて終了。その続きはまた砂時計をひっくり返すことです。」
          この後輪廻の話しになるのかなと思い聞いていましたら、ちと違いました。
          「ひっくりかえせるのは皆様方です。皆様が折に触れ故人を思い出してください。そうすれば故人はいつまでも生きていられます。それが供養にもつながります。」
          細部は違うかもしれませんが大筋そんな話でした。
          他にもふーんなるほどと思った記憶がありますが、その場でメモも取りませんでしたから、思い出せません。ここのところ法話をなさる坊さんにぶつかっているのは面白いなと思います。以前はそんなことめったにありませんでしたから。仏教界も変わりつつあるのかもです。
          posted by: クレヨン | 身辺雑記 | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          変調
          0
             ここのところ足の具合がおもわしくなく、なんとなく気分がふさいでいます。

            例の入院時にも足の痛みが発生しましたが、どうもそれとは別種のようです。
            携帯についている万歩計で5000歩をオーバーする頃になると、左足の太股付近が痛みだすのです。なんとか歩くことはできるのですが、長めの距離になってくると休みたくなります。

            この痛み左足限定ってどういうことなのでしょうか?右足は何の痛みもありません。
            また、10分ほど座って安静にしていると回復して歩けるようになります。
            だから町医者に行ってみましたが、ビタミン剤を投与してくれるだけで変化なし。
            なのでここ1月は宥めすかして過ごしてきましたが、数日前ふと思い立って筋肉痛緩和剤を試しに使ってみました。

            痛み始めた時に使用してみましたら、まぁまぁ効いているようです。
            でも、塗り薬だからその場で使用するわけにもいかないのが難点です。とりあえずトイレで塗っています。
            でも、これは対症療法でしかありませんから、そのうち専門医に行く必要があるかと思ってはいます。しかしどこかな、傷があるわけではないから外科じゃないし、内臓でもないから内科でもない、としたら整体医かな。。

            また高校時代の同級生のお世話になりそうです。
            posted by: クレヨン | 身辺雑記 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            帰国
            0
               昨日は末娘が3週間のアメリカホームステイを終え帰国するために成田まで迎えに行きました。
              3週間もの長い間娘を預かってくれたホームステイ先の家族には感謝の念が絶えません。
              青春の日の良き思い出として胸に刻まれるに違いありません。

              夜の8時半に到着と言うことでしたから、トランクの大きさを考えても車で行くことにしていました。
              娘の友達のお母さんも含めて家人と姉娘合わせて4人で出迎えです。

              大井南から湾岸に乗るいつものコースで行こうと思いましたが、息子から湾岸トンネルから新しい橋ができてるよという情報がありまして、それを使えば東京湾を一望できるうえ新木場につながっているとのこと。即そのルートを採用しました。

              なかなか眺望が良かったようです。女性軍が結構騒いでいましたから。こんな時ドライバーは悲しいもんでよく見えなかったりします。

              我家から1時間20分ぐらいで成田に着きましたが、第1ターミナルに到着するということでロビーに行きましたが、到着便の到着情報を知らせるボードに娘たちの便が載っていません。
              おかしいなと思い、係員に聞いてみると該当便は第2ターミナル着とのこと。
              学校からの案内では、第1と確かに書いてあるのに途中で変更になることがあるのでしょうか?
              こんなこともあろうかと早めに出てきたのを幸いとし、まだ自宅にいるであろう知人達にはその変更を伝えながら、車の移動をしました。

              第1と第2は意外に離れているのですね、さすがに国際空港は広い。その上駐車場はわかりにくいし、思わぬ時間を取りました。周辺を3周ぐらいしてしまいました。

              9時過ぎにようやく皆さん通関も済み出てきましたが、10時間もの長旅の割には疲れた風情はなく、テンションが上がりっぱなしの子が多かったようです。親元をこれだけの長期間離れていたのは初めてだったろうし、貴重な体験をしたものと信じています。その意味でもホームステイ先には感謝です。

              昨日の今日なのに、時差ぼけの風情も見せず、末娘は普通に出かけて行きました。
              若いってのはそれだけで凄いもんですねぇ。。。。。マネできねぇ。
              posted by: クレヨン | 身辺雑記 | 11:25 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
              オリンピック
              0
                 明日の13日月曜日でロンドンオリンピックは終わりますね。
                盛り上がりに欠けるなと開始前には思いましたが、やはり日本が活躍すると釘づけになります。メダルに手が届けばなおですね。

                考えるまでもなくオリンピックに出場できるだけでも競技者としては一流なのに、なおかつ世界で3番以内に入る力があるというのはすごいもんです。へたれな競技者でしたから余計に身にしみます。

                負けても後味の良い試合と言うのもありました。女子サッカーの決勝対アメリカ戦では感じました。ハンド等の見逃しがあってもです。その反対に男子サッカーの最後の試合は後味が悪かったですね。試合相手が選べないのでどうしようもないことですがねぇ。

                意外な活躍だったのは弓とボクシング、女子バレーかな。その反対は言わずもがなですね。

                明日は閉会式のようですが、誤審チョンボがないようにしてほしいですね。
                それと日本選手団の服装はなんとかなりませんか。民族衣装である浴衣とか和服、着流しで出てきたら盛り上がるのになと思います。行動的ではないのはわかりますが、超一流の身体能力でカバーできるでしょう。閉会式だけじゃなくて開会式の行進用としてもですが。。。
                posted by: クレヨン | ニュース | 12:46 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
                五輪男子サッカー
                0
                   昨日の男子サッカーは丁度いい時間にやってくれました。土曜日の8時頃の放映なんてビール観戦に最適でした。

                  開始早々の14分頃、清武の放り込みに俊足永井が期待通りのゴールがきれいに決まりました。しかし相手のDFに太ももをやられたようで、退場。どうやら次の相手のキシコ戦には出場できるようでよかったです。吉田も大津も絶好調。次のメキシコは日本と同じくここまで無失点で突破。いい試合を期待できそうです。これで最後はブラジルと決勝戦と行きたいところです。

                  前半戦はほぼ健闘しているのではないでしょうか。あまり期待もしていなかったアーチェリーも男女ともにメダル獲得しましたし、それ以外にも意外な活躍がちらほら見えています。
                  このレベルになると後は経験やら気持ちの問題が大きく結果を左右するのでしょう。
                  内村や古川の競技中の笑顔が印象的で、えらいもんだと思いました。

                  これからの陸上にも意外性が見られると面白いのですが、期待して応援します。
                  posted by: クレヨン | ニュース | 12:30 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
                  なでしこ日本
                  0
                     昨日と言うか早朝というか、3時頃までテレビを見ていました。
                    こんな時間までテレビにかじりついたのは久しぶりです。

                    なでしこを見ている途中で、古川が負けた連絡がテロップで流れました。
                    すぐ録画に切り替わり、試合が見られましたが残念でした。

                    注目の女子サッカーですが、キックオフすぐに大野かな?シュートしましたが、惜しくも外れそれから25分はブラジルの攻撃によく耐えました。前半はパスのつながりも悪いし、ボールの支配も圧倒的に負けていました。いつ点を取られてもおかしくない戦況でした。ミスもよく見られましたし、ぎりぎりのところで防いでいたという印象です。

                    その中で数少ないチャンスをものにしたところが凄いですね。
                    最初の大儀見にしても2点目の大野にしても、カウンターがばっちり決まり、最後はGKとの一騎打ち状態でした。2−0で次に駒を進められたのは精神的にも大きいでしょう。ゴールした瞬間の監督のドヤ顔が映ると笑っちゃいましたけどね。

                    今日の男子もいいサッカーを見せてくれることを期待してます。

                    柔道の試合は終わったようですが、勝ち負けよりも柔道自体が見ていて美しさがなく汚さが出ているくらいです。
                    格闘技に美と言うのはおかしいかもしれませんが、もう柔道ではなくJUDOなんだなと言う感じです。
                    柔道が世界に出ていくのはもう使命が終了したような、そんな気がします。

                    それにしても、今回の五輪は明らかに誤審と思われるのも多すぎますね。体操しかりです。
                    冬のフィギアスケートなんかも思うのですが、人が点数で評価する競技と言うのはどこまで言っても完璧100%ミスなしは難しいもんです。

                    そこで大声をだせばいいと思っている隣国見たいのがはびこるし、不正も起きやすくなります。
                    ただ少し意外だったのはバドでの中国の態度でした。反感ムードが高まっている中これ以上世界に逆らっても国益に利しないと上層部は思ったのでしょうね。いやに素直でしたから気持ち悪いくらいです。
                    その点もうひとつの国は何時まで経っても成長しない自己中国家ですねぇ。。。。。
                    posted by: クレヨン | ニュース | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    オリンピック アーチェリー
                    0
                       いやぁやりましたね。アーチェリーで古川が決勝進出しました。

                      全然話題にもなっていなかったから、どうなったのかなと思っていました。
                      新聞報道も見当たらなかったですし、女子は団体でメダルを獲得したのに、その後の個人戦の情報が拾えませんでした。

                      たまたまつけたNHKで3回戦から見ることができました。ラッキー。
                      でもオリンピックのルールはまた独特ですね。
                      少なくとも大学でのリーグ戦は団体戦のみですし、距離も50Mと30Mが基本です。射数もそれぞれ36本ずつで争います。
                      全日本クラスですと勿論個人戦ですが、1対1ではありません。距離も90Mと70Mが加わります。

                      それがオリンピックでは決勝ラウンドは70Mのみで3本で1エンド、勝てば2点、引き分けで1点、負けは0点となり6点先取したほうが勝者となる仕組みのようです。5エンドで決着つかないときは、延長となりますが、1本射るのみ。同点なら中心から近いほうが勝ちとなるようです。古川の準決勝戦が延長までもつれ、10−9で決着がつきました。

                      3回戦と準々決勝は先にポイントを獲得し、余裕をもって攻めているようでした。
                      しかし、さすがに準決勝はと思っていると、先行されているのにもかかわらず、負けても勝っても笑顔がこぼれており、余裕をもって気持ちよく射できているように見えました。しかも30金を出されているにもかかわらずです。平常心が保たれているようでした。

                      でもあれだけアンカリングから伸びあってリリースまで時間を取ると無理打ちになってぶれやすくなると思うのですが、レベルが違うのですねぇ。。。。。

                      昼間知人と話をしていたら息子さんがインターハイに出るとのこと。アーチェリーをやっていることは知っていましたし、かなりのレベルということも聞いていました。
                      明日明後日が新潟で試合だそうで応援に行くようです。
                      思わず「頑張ってください」と声掛けしてしまいました。応援してますよ、こちらもいい結果が出るといいのですが。
                      posted by: クレヨン | ニュース | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |